沢尻エリカ 水着画像

手紙 プレミアム版

弟の大学の学費のために盗みに入った邸宅で、誤って女性を殺してしまった剛志。

千葉の刑務所に服役中の彼の唯一の支えが弟の直貴から来る手紙。

しかし、兄が受刑者というだけで、差別され、仕事も転々とし、恋人にもふられ、夢さえ打ち砕かれてきた直貴。

兄を思いながらも、その存在の大きさ、罪の大きさに彼は押しつぶされそうになる。

そんな彼が所帯を持った。守らなければならない妻、子どものために、直貴はある決心をした。

直木賞作家・東野圭吾が描いた小説をTVドラマでおなじみのヒットメイカー生野慈朗が映画化。
加害者の家族を主人公にする大胆な試みだが、登場人物の心情にきちんとよりそい、ときには心にグイグイと入り込む演出は、罪を背負って生きる兄弟のドラマに見るものを釘付けにする。

陰のある役がよく似合う山田孝之が、兄への思いと妻と子への愛の間で苦しむ直貴を熱演。

意外にもさわやかなイメージの玉山鉄二が受刑者の兄を淡々と演じながら、最後で泣かせてくれる。
ひとりの人間の犯した罪により、家族がどんなに苦しむか。
そこから生まれる差別との闘いのドラマは確かにヘビーだが、弟の怒り、哀しみ、諦めなどの感情がうなりをあげて見る者の感情をゆさぶり、目が離せない 。まさに感動作だ。

直貴本人は何も悪い事をしていないのに兄貴が強盗殺人犯ってだけで世間は彼を排除しようとする。

見てて凄く腹立たしかったけれど自分ももし近くにそんな境遇の人がいたらどうだろうかと考えたら何とも言えない。

でも自分から進んで親しくしようとは考えないのでは?と思う。
そんな中で由美子や祐輔は直貴の中身だけで彼を受け入れてて凄いなと思う。

この映画で再び山田孝之kunと沢尻エリカchanのコンビが見れて幸せでした★
内容も最高に素晴らしいものでした。

小田和正の「言葉にできない」が映画の良さをバックアップしてくれてますね。

この映画を見ても被害者が可哀想だと思わなくなったとは思いません。
決して許されることなんかじゃない。どんな理由があっても…。

でも、この映画に出逢えてよかった。加害者という逆からの視点を知れてよかった。
そう思える映画。

最後の吹越満と山田孝之のシーンは彼らだからこそ出てくる言葉なのだと思った。

今まで見た映画の中で一番心に残り、そして考えさせられる映画だった。

手紙 プレミアム版
手紙 プレミアム版山田孝之 玉山鉄二 沢尻エリカ

日活 2007-04-27
売り上げランキング : 274

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
手紙 ~あなたに会えてよかった~ シュガー&スパイス 風味絶佳 天使の卵 コレクターズ・エディション 涙そうそう スペシャル・エディション タイヨウのうた DVD-BOX

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。